クレンジングについて思うこと

Sponsored Link

コスメの基本は、基礎化粧ですよね。
まずは、クレンジングについて、思うこと書いてみます。

私は、いろいろなコスメを試してしまうのですが
クレンジングは、いつも似た感じの商品しか使いません。

理由として……
めんどくさがり屋なんですよね~~~

と…私の事はあとで書くとして、
今回は、一般的なクレンジングのお話をしてみたいと思います。

kuren

クレンジング

クレンジングと言えばいろんな種類があります

🔴オイル系
🔴クリーム系
🔴ミルク系
🔴ジェル系
🔴石鹸系

女性のあなたは、何度も聞いてもうご存知だと思いますが、
一般的な説明をしてみます。
各クレンジングのメイク落ちを⭐️の数で表してみます。

Sponsored Link

オイル系
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

油分が多い化粧と相性が良く、メイクがよく落ちます。
落とした感は半端なく洗顔も➕すると気持ちが良くてより効果的。
しかし、刺激が強いのでアラフォ世代は注意が必要

クリーム系
⭐️⭐️⭐️⭐️

油分と水分のバランスが良く、昔ながらのクルクルマッサージ
しながらクレンジングするものです。
オイルタイプよりは洗浄力は良いです。
洗い上がりのべたつき感があるので、苦手な人が多いですね。

ミルク系
⭐️⭐️⭐️

コットンなどで拭き取るタイプと洗い流すタイプがあります。
油を落としすぎず、肌への刺激が少なく、乾燥もしにくい
アラフォ世代には適しています
しかし、洗浄力が弱く、アイメイクは残ってしまいます。

ジェル系
⭐️⭐️⭐️

ゼリー状のクレンジングです。
水溶性のタイプのものは肌への刺激も少なくて、
肌に伸ばしやすくメイクにもなじみやすいです。
お風呂でも使えるものが多く、忙しい人にはピッタリです
ですが、、、
刺激が強い傾向にあるので肌に合ったものを選びましょう。

洗顔系
⭐️

クレンジングの後、石鹸系の洗顔と言うのが通常。
洗顔タイプのクレンジングは、洗顔だけでOKと言うもの。
ほとんどの商品はファンデーションは落とすこととができます。
ですが、濃いメイクは残ってしまいます。

 

私の使っている基礎化粧品については、ゆっくりオススメしていきますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ