もふもふは猫好き!

Sponsored Link

うちには、猫が2匹います。

 

1匹は黒猫の花音♀6歳。

もう1匹は、2歳になるシジミ♀です。

 

シジミは、目ヤニで目がくっ付いていて、目が開かない状態で母猫に置き去りにされた子です。

いくら待っても母猫が連れにこないので保護しました。

 

獣医に連れて行くと、体重が270gしかなく目が見えないかもしれないから、『育たない』と宣告されました。

だから、保護しないほうがいいと……!

その言い方が本当に冷たく、ムカついてしまって

『目の前に、死にかけてる子が居るのにほっておけ!と言うんですか

『この子はまだ、生きてます!絶対死なせません!』

と啖呵切って、半泣きになりながら、家に連れて帰ってきたのを覚えてます。

「どうせ死ぬからほっておけ!」

って考えは、到底受け入れられません!

そんなことできるわけないでしょ!

 

ホームセンターで猫用ミルクと哺乳瓶を買い、目ヤニでくっ付いた目をお湯で濡らしたタオルで綺麗に拭くと、可愛い目が開きました。

シジミ1

 

初めて撮った写真です。

ここから、子どもたちと協力して2時間おきにミルクをあげました。

排泄もできないので排泄の手伝いをする生活を1週間しました。

そして、

そして、

そして、、、

 

獣医の言葉を跳ね返すように元気に育ちました。

シジミ2

歩けるようになり、離乳食を始め、ほんと我が子のように育てたのですが・・・

躾けが(-Ⅱ-;)

躾がしっかりできなくて、アマガミができず本気噛み!

離乳食は失敗してしまい、『お魚くわえたドラ猫状態』

 

シジミ3

子育てって(;´༎ຶД༎ຶ`)大変だなってつくつぐかんじました。

あの可愛らしかったシジミはいずこへ??

シジミ4

シジミ5

今はドンとデカくなって、先住猫の花音を追いやってドヤ顔です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ