ひとめあなたに・・・人生最後の日

Sponsored Link

ひとめあなたに・・・

これは新井素子さんの小説の題名です。

高校生の頃かな?読んだのですが内容が衝撃的で未だに忘れられない一冊です。

 

ひとめあなたに・・・のあらすじ

女子大生の女の子が、最愛の恋人から突然の別れを告げられる。

彼は癌で、自分は余命いくばくもないのだと。

そんなとき、“地球に隕石が激突する。

人類に逃げ延びる道はない”。

というニュースが流れ・・・

それを聞き、もう一度だけ彼に会いに行こう

一人で彼に会うために出掛けます。

東京から神奈川に向かい、徒歩で旅に出た彼女が出会う人々とのはなしがつづられています。

 

なかでも、私の記憶に残っているのは、若い奥さんのお話。

 

地球が滅亡すると聞き、愛人の元に行こうとする夫。

その夫を殺して、楽しそうに夫を調理しているという場面

食べてしまいたいほど愛していたのでしょうか?

彼女は、最後まで愛人に渡したくなかったのでしょうか?

調理の方法を思い出すとちょっとばかり、ぞっとしますが、気になる方は小説読んでみて下さい。


ひとめあなたに… (角川文庫)

もし、来週地球が滅びるとしたら……

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ