崩壊の危険がある巨大ピラミッド!体育祭の組体操を考え直して。

Sponsored Link

中学校の組体操

中学校の組体操はこんな感じです。
一方、小学生はこんな感じ↓

小学生の組体操

うちの学区では、小学校は5、6年生から、
中学校では全学年に体育祭で組体操があります。

見てる方は、メチャメチャ感動しますよ。
先生たちも一生懸命で、特に中学校は大迫力!!

でも、子供たちは、本音ではどう思ってるのでしょう。
先日も、大阪八尾市の中学校で10段ピラミッドが崩れ生徒が重症を負っています。

我が家の子供たち、成長が早く身長は常に学年でも高い方。
必然的に、毎年1番下の土台部分を固めることになります。
ジャージを着ていても、膝がボロボロで石が食い込んでいました。

1番下の子供一人には200キロもの力が掛かるそうです。
上に登る子も、危なっかしくて落ちて歯を折ってしまった子供もいると聞きます。

顔もまともに見えない位置で、200キロもの重さに耐えている子供が居るのを忘れていませんか?

うちの子たちは、口を揃えていいます。
組体操のピラミッドなんて辛かっただけ、無くなって欲しかった。
と。。。

私は子供の頃、チビだったので常に上の方でした。
(今でも小さいという突っ込みはなしでねぇ)
しかも、こんな高いピラミッドは私の時代にはなかったので、想像もつかないですが、

これをやって、結束を強める団結心を強めたい。
とか、先生は言っていたらしいですが……

こんなものでしか、結束や団結心ができないの?
親が見て楽しむだけの体育祭なんて意味がないです。

運動に、怪我はつきもの。
でも、誰だって200キロもの重さが乗ってきたら
怪我をするでしょうに?

もっと、筋力を使った組体操を考えてもいいんじゃないかな?と思います。

なんでも、危ないといって無くなるのは寂しいです。
でも、これは誰の不注意で起こるものでもなく、スポーツではないです。

先生、親のエゴなんじゃないでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ