冷凍して!とろっとろモッチモチの究極玉子の作り方

Sponsored Link

究極玉子

これ、玉子の黄身です。
出来上がり完成品です。
食感はモチモチ!とろとろ!

なんとも言えない触感で、一度味わったらやみつきになります。

作り方は簡単。
レシピ通りやれば、誰でも作れます。

究極玉子の作り方

用意するもの

まずは!玉子を1パック用意します。
安売り狙いましょう!
私は170円以下は買い!です。

自宅近くは、田舎なので激安の販売はあまりないんですよね~~。
都会だといろんなお店があって100円!なんでお店があるらしいですね。
うらまやまし~~~い。

で、用意するのは、

☆玉子1パック
☆麺つゆ

以上

ほら!簡単でしょ(笑)作りたくなるでしょ~。
しかし!簡単だけど2日以上かかります。

作り方

玉子

1.冷凍室で放置する
冷凍室に卵をポーンと放り込んで、1日放置します。
(冷蔵室じゃないですよ、冷凍室です。)

2.冷蔵室で放置する
放置したら、今度は冷蔵室にポーンと放り込んで再び1日放置します。
(今度は冷蔵室です。)

3.玉子を割る
冷蔵室から取り出してみると殻にひびが入っていると思います。
割れやすくなっていますから、割りましょう。

割れた玉子

4.殻をむきます
からむき

中は、白身が少しシャーベット状態です。

5.取り出す

取り出す

いつやっても崩れないのですよねぇ、不思議!

6.洗い流す
流水で白身を流して黄身だけ取り出します。
勿体ない!と思う方は、白身の再利用をしてくださいね。
この時の注意は、黄身に付いている卵膜を水圧で取ることです。
卵膜は黄身についている白っぽい膜のことで、この膜があると味が染み込むのが遅くなります。

Sponsored Link

7.剥いた後
コローン!黄身って一度冷凍すると固まってそのままの状態になります。
元のような柔らかい状態に戻ることはありません。

剥いた後

8.味付け
麺つゆにつけます。
写真は見やすいようにさらに取ってありますが、ビニール袋に入れると良いでしょう。
麺つゆにしっかり浸かって味がまんべんなくいきわたります。

味付け

9.漬け込む

このまま2~3時間浸けます。
浸かると少し萎びた感じですが、これをご飯の上に乗せて食べると絶品!
このモチモチ感!トロッと感初体験ですよ。

究極玉子

玉子を1パック買えば、10個できます。
ですが、我が家の育ち盛り君は一度に4個も食べてしまいます。
作っても作っても、早いもの勝ちで、子供たちの間ではこう呼ばれるようになりました。

幻の玉子

ぜひ、ご賞味あれ。


普段使い卵40個入

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ