香りのマナーを知って、香水の付け方のコツを学ぶ

Sponsored Link

香水のつけ方

服装にTPOがあるように、香りにもその場にふさわしいつけ方があります。
大事なシーンで失敗しないために知っておきたい香りのマナー、つけ方のコツを書いてみます。

香りに気をつけ、控えた方が良い時

お見舞い

入院している人や病気中の人へのお見舞いの時は香水は控えましょう。
持参の花も、百合など香りの強いお花は避ける方が良いでしょう。
病室は密閉された空間で、病にある人は、匂いに敏感になっています。
ちなみに、病院によってはお花自体を禁止しているところもあるようですね。
臭いだけではなく、花粉症等のアレルギー対策のようです。

病院

お悔やみの席

お通夜や告別式に華やかな香り、強い香りはふさわしくありません。
香水は控えましょう。

レストラン・お茶会

日本食をいただくときや、お茶席での香りは控えましょう。
香りと味を楽しむ料理は、素材の香りを損なわないようにすべきです。
香水は、つけない方がいいでしょう。

お茶会

お酒の席の場合は、お酒の席に合った香りをつけるようにします。

オフィス

濃度の高い香水より、オードパルファムかオーデコロンをおすすめします。
香りのタイプはフローラル系のやわらかい香りかグリーン系、シトラス系のさわやかな香りが好まれます。

オフィス

Sponsored Link

香水の失敗しないつけ方

失敗のほとんどはつけすぎです。
適切な量を守り、たくさんつけすぎないようにしましょう!

香りの量

香りは少し足りないかなと思うくらいが適量。
香りを感じなくなったら少しつけ足すようにします。

TPOにあわせて

外出するときは、出かける30分前くらいにつけて、香りをなじませておきます。
パーティーなどの華やかな場では香りもOKです。
やさしい香りやほのかな香る香水をひざの裏やスカートの裾に付けるとさりげなく香ります。

顔のまわりや胸もとに付けると、香りが強すぎるのでNGです。
香りは下から上へ立ちのぼるので、下半身につけると身体全体が効率よく香ります。

つけてはいけないゾーン

わきの下は汗をかきやすく、特有の匂いをもつことがあるので付けません。
両耳と胸の中心を結ぶ三角形の間につけるのもタブーとされています。

香りは周りの人のことも考えて楽しみましょう!

香りは自分だけでなく、周りの人の気分も左右する働きがあるもの。
ひとりよがりにならないつけ方がマナーです。

香水だけでなく、最近は香りの強い柔軟剤などで気分を悪くする人もいるようです。
香害と呼ばれ、社会問題になっています。
香水や柔軟剤には化学物質も含まれているので、喘息を誘発させたり体調を崩す人もいるそうです。

香りを楽しむ前に、香りのつけ方を考えてみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ