シミより怖い!肌の黄くすみ知ってましたか?

Sponsored Link

昔に比べて、顔の色が黄色いなと感じたことはありませんか?
もしかしたら、それ、黄くすみかも知れませんよ。

紫外線で肌が黒くなるのは、
みなさんこぞんじだと思います。

肌が黄色いのは黄色人種だからしかたない
と思い込んでませんか?

昔に比べて、黄色くなってきたなぁ~~って感じませんか??

それは、肌が黄くすみしてきているんですよ。
これは、最近になってわかってきたことで日本の化粧品ではこの黄くすみに効果のあるものはほとんど発売されていません。

なんで!!もっと早く研究してくれなかったんだーー!
って思いますよね!

しかも、この黄くすみは厄介なことに元の色に戻すことはできないと言われています。

黄くすみの原因

黄くすみは、2つの原因があります。

それは、

  • 糖化
  • カルボニル化

の2つです。

黄くすみの原因

 

糖化

糖化というのは体内に入った糖質(ブドウ糖)が肌内部のタンパク質と結合することで茶褐色のAGEといわれる物質が生成されてしまい、その結果、肌の構造が変化し、劣化することをいいます。

糖化の危険性が高い人

要チェック ラーメンや丼物など炭水化物をよく食べる
要チェック ケーキやお菓子など甘いものが大好き
要チェック 清涼飲料水をよく飲む
要チェック 揚げ物が好き
要チェック 夜遅くに食事することが多い
要チェック 野菜・果物は嫌いだ
要チェック ほとんど運動はしない
要チェック 夜型の生活を送っていて睡眠不足である
要チェック ストレスがたまっている

糖化は、過剰に摂取した炭水化物が悪さすると覚えておくと簡単です。
実際に40歳前までは肥満度と体内に蓄積されているAGE量というのは比例しているそうです。
太っている人ほどその肌と体は糖化して 老化が促進されているということです。

Sponsored Link

カルボニル化

簡単に言うとタンパク質が変性してしまっております。
糖化より、カルボニル化のほうがその度合いや毒性が強いといわれています。
美容的にはカルボニル化のほうが深刻かもしれません。

一度変性して黄色くなってしまったタンパク質は 元に戻りません。
正確には細胞が入れ替わるのに15年かかるので若い世代から始めるしか方法が、ないのです。

 

でも!でも!ここで諦めては進むいっぽうです。
予防しましょう。

 

黄くすみの予防や
対応した化粧品をまた、調べておしらせします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ