「お肌のゴールデンタイム」は何時?肌の為に睡眠取りましょう

Sponsored Link

昔から言われていることです。それは・・・

22時から2時までの間は必ず寝てください

草木も眠る、丑三つ時っていうのがあります。
草木も眠る時間ですから、お肌もしっかり休ませないといけないってことでしょうか。

肌を休めるのに睡眠は大事

医学的なことはよくわかりませんが、夜の10時から深夜2時まではちゃんと寝ていた方が良い。
と、昔は言われていました。
体も睡眠不足になると、だるくなりますよね?
それと同じで、お肌もしっかり休ませないと、肌が荒れ、老化が早くなってしまうんです。

料理

そんな忙しいのに、早く眠れるわけないでしょ!!!

確かにそうです。
忙しい現代人、22時に寝ろなんて難しいに決まってますよね。

そこで、最近は、諸説でてきていまして、22時からの4時間説に否定的な方もいるそうです。
では、一体いつが寝るのが良いのか?

寝てから3時間

と言うのが徐々に一般化しているそうです。
これなら、良いですね。

お肌のゴールデンタイム

入眠後3時間のこと

お肌のゴールデンタイム

と言うらしく、とても大切な時間だそうです。

なぜ、お肌のゴールデンタイムなのか???
それは、肌の新陳代謝がこの時間に一番活発に行われるからだそうです。

簡単に言うと、ゴールデンタイム中にお肌の修復をしてくれるんです。
成長ホルモンがこの時間に分泌しやすいらしいですよ。
そして、成長ホルモンは、寝ているとその効果が十二分に発揮されるのです。

以前はこの活発な時間帯が22時から2時と言われていたそうです。
最近は、この説よりも、入眠後3時間の方が成長ホルモンが分泌しやすいとのデータがあるそうです。

実際、入眠から3~4時間の間、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されることがわかっています。
重要なのは、寝付いてから3~4時間にしっかり熟睡すること!

つまり、質の良い睡眠をとるということなのです。

体の為にも肌の為にも、睡眠は大事ということですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ