夢追い人へ

Sponsored Link

この春、めでたく真ん中の娘が高校を卒業し専門学校に入学しました。
やりたいことを見つけ、大学進学より専門学校を選んで
一生懸命に勉強しはじめた娘。
希望と夢がたくさんあって眩しいくらいキラキラして見えます。

imgres
もふもふは、高校卒業して
進学のために一人暮らしを始めました。
😥

同じ高校から同じ短大に行った子は1人もいなくて、知らない土地に1人で乗り込む感じでしたが、
周りの人間に恵まれて、助けられ本当に幸せな時でした。

いろんな人に出会って
人間として成長するのは、今からだと思います。
人と関わるのを、避けないで
人の痛みの分かる人になってほしい
いろんな立場の人が、いろんな考えを持っていて
その考えには、意味があることを学んでほしいと思います。

 

_____________________________________________________________

もふもふが、学生時代1番記憶に残ってる友だちがいます。
いつもにこやかで、温和な彼女。

彼女の『自分の宝物』というスピーチを聞いた時
あまりにも、自分の幼稚さに恥ずかしくなったのを覚えています。

 

 

もふもふの学生時代はバブル時代最盛期
さらに
うちの短大は割と裕福な家庭の子が多いこともあって
本物の『お嬢様』や『嬢様のように見せてる子』など親のスネをかじるのがステイタスになっていました。
ブランド物のバックや高い時計、アクセサリーなどつけてる方が
男の子受けもくチヤホヤされていた時代だったんです。(本当に男ってバカ!!)

 

 

そんな時聞いたのが
彼女のスピーチでした。

花、カモミール、空-728x546

母子家庭で奨学金を受けながら通っていること。
服が好きで、高校卒業以来、服屋でバイトしていること。
その当時流行っていた巾着型のルイヴィトンのバックをお金を貯めて買ったこと。
同じ物を持っている人もいるけれど
このバックは、一生懸命働いた自分の勲章で、たくさんの想いが詰まっていること
形は同じだけど、世界に1つしかない大切なバックだと

夢は留学、そのために英語の勉強しながら留学費用をためていること。

 

 

胸を張って背筋をピーンと伸ばして
堂々とスピーチする彼女を見て
とても同い年とは思えませんでした。

親に頼りきりの自分が恥ずかしくなって
彼女のように胸を張って
生きたいと思いました。

 

出会う人の外見に惑わされず、人の信念や考え方を知って欲しいと思います。
見栄を張っていても、中身の無い人もたくさんいます。
まぁ、外見も中身もイマイチって人もいるかもしれませんが………ドキっ!

娘は、私にはもったいないほど
いい子に育ちました。
いろいろ書いてしまいましたが、
本音は
幸せに自由に生きて欲しいです。
生きててくれたら、母は幸せだよ!

進学おめでとう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ